毎日アニメではそれほどみかけない

アニメ贔屓の仲良しからすすめられたアニメ「ばらかもん」を借りて読みました。
ここ昨年にアニメ化され、今夏はスピンオフマンガ「はんだ様」もアニメ化浴びる人気のアニメだ。
書道アパートの都会人半田ドクターが長崎の五島列島で暮す申し立てで毎日を描いて要る申し立てなんですが、するすると読み進められるだけでなく飽きが来なくて面白いんです。都会人が在所生活をする中で人間関係の大切さとか本当のゆとりのあるやりくりを学んで出向くんですが、日常の戯言の中に、しんみりとしたシリアスを上手に織り込んで行く著者ヨシノサツキドクターのあたたかさを見えるアニメだ。
身個人が好きな話ですが、毎日アニメではそれほどみかけないお葬式の申し立てが非常にリアルなんです。とある高齢の個性が死んだという申し立てを近所の人から伝え聞いてお通夜に赴き明日にはお葬式の実装にかかわって行く。悲しみに暮れているだろう引き取り手に誠に声をかけていいかわからないヒーローが目にした全景は、忙しさに振り回される人々の風貌。その事態がリアルなんです。一際村の顧客がたちまわり忙しなくはたらく風貌。それでも極めつけ火葬立場へ繰り延べる事態は涙なくしては語れません。
他にもヒーローが村で成長して行く風貌は父母のような胸中にもなるし、また友達のような気持にもなります。
ひとまず読んで下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*